「一人では片付けられない」という人が増えています

テレビで時々「ゴミ屋敷」などの取り上げ方で

ご近所とトラブルになっている事例や

手に負えない状況のお宅を片付ける様子を、バラエティ番組のネタのように取り上げられることはあっても

そのような状況に陥ってしまう方たちが置かれている環境や気持ちの面まで取材されることはありませんでした。

 

この協会を立ち上げる主旨は、大きな社会現象になりつつあるこの問題の実情にもっと理解と感心を寄せてもらうためでもあります。

 

私がこれまで、片付けサポートで伺ったお宅では、

足の踏み場がないほど、要らないものやゴミとしか言えないもの達に囲まれて

暮らしている人たちに出会ってきました。

 

その惨状を目にする度、

そこに暮らしている人たちが抱えている「気持ちの叫び」を聞くような思いです。

 

1人暮らしの方が増え、

高齢化が進み、

仕事でも成果を求められるなどのストレスが増え、

いろんな価値観や周りの評価に振り回されることが多くなった

現代において、

 

「片付けられない」という形で 心の問題が表れている方たちがいます。

 

寄り沿いながら「片付け」をサポートすることで

気持ちも整理され、

自分の価値観の軸が定まり、

生きる元気を取り戻すことができるのを

これまでの片付けサポートの経験から感じて来ました。

 

片付けサポートで、気持ちに寄り添いながら幸せになるお手伝いができる方たちを育成し、その活動の普及を目指します。